母校の沿革

旧制戸畑中学〜戸畑高等学校


1936(昭和11)年 福岡県戸畑中学校の設立と4月より開校が許可される。男子校としてスタート。
1937(昭和12)年 仮校舎生活と校地工事状況を記念映画撮影
10月8日 地鎮祭(この日が開校記念日に制定される)
1938(昭和13)年 校舎完成。仮校舎から移転。
1941(昭和16)年 3月3日 第一回卒業式(旧制中学は5年制であった)
1948(昭和23)年 学制改革により福岡県立戸畑高等学校(全日制課程、夜間課程)男女共学となる。
1949(昭和24)年 戸畑市立女子高等学校(市立高等女学校)、県営移管となり本校に統合。
1950(昭和25)年 12月20日 校旗制定。
1951(昭和26)年 夜間課程を福岡県立戸畑高等学校定時制課程と改称。
1952(昭和27)年 本館南棟の校長室等(鉄筋陸屋根平家120坪)完成。
戸畑高校初めての全員参加の修学旅行(奈良・京都・大阪)
1957(昭和32)年 野球部、第39回全国高等学校野球選手権大会に初出場。ベスト4。
1959(昭和34)年 野球部、第31回選抜高等学校野球大会に初出場。夏には2回目の全国選手権大会出場。
1960(昭和35)年 野球部、第42回全国高等学校野球選手権大会(2年連続3回目)出場。
1961(昭和36)年 野球部、第43回全国高等学校野球選手権大会(3年連続4回目)出場。
1963(昭和38)年 講堂兼体育館(鉄骨、鉄筋コンクリート造360坪)完成。
1966(昭和41)年 図書館(鉄筋陸屋根2階建)渡廊下(鉄筋平屋建)完成。
1968(昭和43)年 11月25日 服装規定の改定で長髪許可。(この年以前、男子は全員丸刈りであった)
1977(昭和52)年 野球部、第49回選抜高等学校野球大会(18年ぶり2回目)出場。
1979(昭和54)年 武道場(鉄筋2階建)渡廊下(鉄筋平屋建)自転車置き場(鉄筋平屋建)完成。
1981(昭和56)年 定時制の募集を停止。定時制は昭和60年3月をもって閉校決定。
1985(昭和60)年 定時制最後の卒業式(37回生)。
1994(平成6)年 旧体育館及び旧旧体育館解体工事開始。
第46回卒業式は戸畑市民会館、始業式、第49回入学式は小倉市民会館で行われた。
1995(平成7)年 新体育館新築工事完成。
1996(平成8)年 新校舎(管理・教室棟)建設工事完成。
2000(平成12)年 野球部、第72回選抜高等学校野球大会(23年ぶり3回目)出場
2005(平成17)年 野球部、第77回選抜高等学校野球大会(5年ぶり4回目)出場。
    戸畑高校学校概要[歴史]