第15回関東天籟同窓会(関東支部総会)報告
2016/11/28
関東天籟同窓会 幹事長 戸根孝義(24回生)


 11月6日(日)に今年も銀座・東武ホテルにおいて、同窓生150余名のご参加をいただき、第15回関東天籟同窓会を盛況に開催しました。

@ 恒例の基調講演会は、劇作家、放送作家、作詞家として現在ご活躍の34回生の葉月けめこ(藤田育世)さんに、「Cool Japan北九州!」と題して講演していただきました。お話の内容についてご紹介しますと、北九州のイメージが年輩の方ならご存知の通り、昔は「公害の街」、「荒くれ者の街」等でしたが、今は「環境都市」、「再生都市」、「アジアの玄関口」等に変わってきており、ご参加の同窓生もあまり知らなかった映画撮影のパックに取り上げられる街(初めて知りましたが、撮影の際に爆発物が使用できる唯一の都市)、また、子育てしやすい街、シニア世代が住みたい街(政令指定都市の中で、二番目に物価が安い、更に地価が一番安い)など、雑誌にも取り上げられている街に変遷してきていること、後半は、けめこさんご自身が脚本家として今年5月に北九州劇場で公演された「若戸大橋物語」に絡めて、若戸大橋建設に至る経緯と若松市長の熱意について語っていただきました。

A 次に参加者全員による校歌斉唱の後、竹内支部長からのご挨拶の中で、今回関東支部の幹事の若返りを図り、竹内支部長(8回生)から新支部長の高槻絹子さん(18回生)、これまで副支部長であった木村進さん(10回生)が退任、幹事長が藤吉隆憲(18回生)から24回生の私にバトンタッチされることが報告され、総会の場でご承認されました。

B 来賓のご挨拶として、本部同窓会長の藤本秀明様、今年創立80周年を迎えました戸畑高校の現校長である松本祐子様、最後に母校の卒業生でもある北九州市の今永博副市長(26回生)様からご祝辞を頂戴しました。なお、今永副市長様からは、基調講演でお話があった生活天国No.1の北九州市が地方創生の一環として首都圏からの移住やUターン、Iターンに市として取り組んでいること、ふるさと納税のご協力のお願い等のお話がありました。
C 歓談の後、同窓生の有志によります恒例の「戸畑祇園大山笠のお囃子演奏」が会場内一杯に響き渡り、会場からは「ヨイトサ、ヨイトサ」の掛け声も加わり盛り上がりました。引き続き、皆さん楽しみな「大福引大会」に移り、「当ったぁ!」、「駄目だぁ」等の歓声があちこちのテーブルから湧き上がりましたが、何故か今年は幹事の方の当選率が高かったような…。

D 最後は、応援団OBの岡崎慎一郎さん(36回生)のリードのもと、応援歌を高らかに歌い、無事に第15回関東天籟同窓会を締め括ることができました。

  さて、来年の第16回関東天籟同窓会は平成29年10月21日(土)11:00 〜(場所:銀座・東武ホテル)となっておりますので、大勢の方のご参加を宜しくお願い致します。

以上。