第6回 戸畑高校天籟同窓会関西支部総会
2009/11/19
関西支部事務局長 西垣 茂樹(25回生)

 去る11月14日に、第6回戸畑高校天籟同窓会関西支部総会を宝塚ワシントンホテル「ガスライト」にて開催いたしました。
恒例になりましたが、受付に戸畑祇園大山笠のポスターを飾り、会場正面には支部の旗を掲げ、正面脇のスクリーンには、今年の戸畑祇園祭りの映像や届いたばかりの母校の体育祭の映像を映し出しました。祇園太鼓の勇壮な響きをBGMに、懐かしい話に盛り上がり、楽しいひとときを過ごしました。

 準備の段階では、ホテルに来られたお客さんが「これはどこのお祭りですか?」と尋ねられ、ポスターを写真に撮っていかれるなど、故郷自慢の鼻が高くなる一幕もありました。

 昨年と同じ宝塚ワシントンホテルを会場にした地の利を活かして、総会当日のイベントとして2回目となる「宝塚歌劇観劇会」を企画いたしました。希望者のみの参加ではありますが、当日がトップスターの入れ替わったばかりの「宙組」の公演二日目とあって、大いに盛り上がった舞台だったようで、観劇した皆さんは「大感激」だったようです。

 総会では、事業・会計報告とともに、重要議題である役員改選を行いました。設立時から6年勤められた大島支部長(10回生)から、支部長を若松さん(16回生)にバトンタッチし、支部組織の若返りを図ることになりました。功績の大きい先輩方は、会則に附則を設け、あらたに「関西天籟会」という呼称で名誉職の会長・副会長になっていただき、支部活動の後見をお願いすることになりました。若松支部長の選任で、役員・幹事も増強し、若手や女性の登用を図って、さらなる支部活動の活性化を目ざすことになりました。新生「関西支部」におおいに期待してください。

 第1部の総会議事終了時に、全員での「校歌斉唱」。

 第2部の懇親会では、初参加の会員によるスピーチや先輩方のスピーチ、格調の高さが売りです。続いて、恒例の「大抽選会」。今回も空クジなしで全員に賞品がいきわたる充実振りです。人気の「農家のお米」(近江米の新米)、手作り野菜、直筆の「青春の詩」の書、当ホテルの宿泊券、超レアな灘の清酒、大阪名物塩昆布、・・・協力していただく会員有志の意志と力をまざまざと感じる至福の時です。

第2部の懇親会終了時には「応援歌斉唱」。出席者全員による歌声が響きわたり、関西支部の団結力と元気のよさをあらためて感じました。

当日は遠路はるばる母校から水江校長先生、本部から藤本会長、八島事務局長にご参加いただきました。母校の後輩たちのがんばりや同窓会の現状など親しくお話する中で、関西支部の現状等についてのご理解と、今後の支援やアドバイスなどもいただき、本当に有意義な会になりました。ありがとうございました。

懐かしさもあって話に花が咲き、さすが戸畑という活気と品位が満ち溢れた支部総会は、二次会まで熱気が続きました。


総会の模様写真へ